めざせリア充!珍道中。

今は非リアな社会人。リア充への道は険しいけれど、毎日精進。日記のようなブログ

囁くのよ、私のゴーストがまたはニュータイプ的な話

 

f:id:gomantoiru:20180624173156j:plain

 こんにちは。ごまんといる(@33krgm33)です。

私は、攻殻機動隊は見たことがあります。好きです。

が、ガンダムはちゃんと見たことがありません。

 

兄弟が見ているのをチラ見しただけ。

というわけで、ニュータイプに関する捉え方は違うかもしれません。

予めご了承願います。 

 

 

 

 

体験談を語る

さて、皆さんはこんな体験をしたことがあるだろうか。

 

家に帰ると、夕食のおかずが何となく昼間考えていたものだった。

 

唐揚げ食べたいなと思っていたら、翌日の定食のおかずが唐揚げだった。

 

(食べ物のことばっかりだな)

 

 

意外とみなさん経験あるんじゃないかと思います。

 

 

しかしですね、私はもう少し、ほんの少しだけ特別な経験をしています。

 

会社の帰りに耳にする曲が気になっていたのです。

なんでこの曲なんだろうと不思議に思うような曲。

 

憶えて帰ろう。そして鼻歌で誰かに聞かせて知っているか探ったり、

ネットで探そうと思っていたのです。

 

しかし覚えられない。

 

そこまで難解なメロディーでもないのに。

私の中にはすでに類似する曲が記憶されていたので、

どうしても混ざってしまったのです。

 

気になるなあ、と数日間心のどこかにひっかかっていました。

 

 

そしてその日がやってきます。運命の土曜日。

遅めに起きたわたしは朝食を食べて、

ボケーっと点けたままになっていたテレビを見ていたのです。

多分、途中下車の旅でした。

石丸謙二郎が消防用の送水口博物館に立ち寄った回。

 

送水口博物館の様子を写した場面、ここのBGM!!!

 

 

これだ!!!!!!!!

 

私が覚えられずに、ずっと探し続けていた曲でした。

めちゃくちゃ興奮しました。眠気も吹っ飛ぶ。

まさかこんなところで聞くことになるとは。

 

すぐさまネットで検索。

確かテレビの実況板?のような掲示板が検索結果に。

 

「途中下車の旅、送水口博物館、BGM」みたいな、感じで検索しました。

 

そうして見つけたのがこれでした。


恋はみずいろ ポール・モーリア L'amour est bleu Paul Mauriat

 

 

これ。「恋はみずいろ」という曲みたいです。

母には「なんか物悲しくて、急に壮大な感じに盛り上がる、ロシアかフランスみたいな曲」と説明していました。

 

もともとはフランス語で、ヨーロッパではポピュラーな音楽らしい。しかもいろいろな人にもカバーされている有名な曲みたいです。

 

ついでに、私の中で邪魔をしていたのはこの曲。


Joan Baez 映画「死刑台のメロディ」 Here's to you

 

 

うん。やっぱり鼻歌で歌おうとすると、混ざってくるんだよな。

自然と入れ替わっているから笑えます。

 

 

さて、本題的な話に戻ると、こういった偶然が結構多い。

 

ほかにも小説「魔法飛行」を読んでいた時のこと。

この中で烏凧のお話があるのですが、

読んでいる時は知らなかったので想像できなかったのです。

 

どういうものなのかな、と気になりながらも読破。

その二日後、出かけた帰りに車の助手席から外を見ていると、

住宅の上に大きな鳥の姿が。

 

「あれ鷹?トンビ?鷲?」

とにかく、それらしい鳥の名前を挙げます。

すると助手席に乗っていた母が言いました。

 

 

「たこじゃない?」

 

ふざけてるのか。タコが空を飛ぶはずがないだろうと思いました。

 

 

「やっぱり何かでくくってあるよ」

 

たこ?

ああ、そっちの凧か!!!

 

 

その瞬間大興奮です。あれが噂の烏凧!!!!!

 

ゴースト、もしくは直感

このように、気になっていたことの答えがころころと転がってくることが多々あります。

この現象は何なのでしょう。よくあるよ、という人もいるかもしれません。

 

しかし、私自身は友人や家族が同じような経験をしているところに遭遇したことがありません。

 

いつも私だけが「これ、昨日探してたやつ!!!」とか「こないだまで読んでた本で気になってた動物!!!」とか。

リアル「進研ゼミでやったやつだ!!!」状態。

 

「囁くのよ、私のゴーストが」というのは攻殻機動隊の中で、主人公である草薙素子が口にするセリフです。

まあ、電脳化、義体化が進んだ世界では人間のロボット化も著しく、その中でゴーストというのは人間を人間足らしめているもの、のような解釈でしょうか。

 

そしてニュータイプ。こちらは、かの有名なガンダムシリーズに登場する概念ですね。

様々な特徴があるらしいのですが、私がニュータイプという表現を使うのは、

直感、的なものに対してです。

 

私は、直感が働くタイプなのかもしれません。

 

眠りを邪魔されるのが一番嫌いなのに、地震の直前に目が覚めたり。

 

雨が降るという日に「雨降らないから」と傘を待たずに家を出て、帰宅時間だけ雨が途切れたり。

 

考えるとダメなんですよね。

 

まさに運転中の直感が外れる、がいい例なのかもしれません。 

理性が働いている証拠なのかな。

 

 

というわけで、ドラクエ11のカジノでは目を瞑ってポーカーを楽しむ私なのでした

物欲センサーなるものは、如何にしても突破できません。

やはり、直感的ではないからなのでしょうか。くそ。

 

今回はこの辺で。ありがとうございました。

 

 

 追記:この記事は3月に書いていたのですが、ドラクエは一応表エンドまでは終わりました。そのあとは自分的にしっくりこなかったので進めていません。

Twitterである方と絡んでから2日後に、職場で同じ名前の人が入って来ました。ビビり過ぎて様子を見ながら引き延ばしてしまいました。