めざせリア充!珍道中。

今は非リアな社会人。リア充への道は険しいけれど、毎日精進。日記のようなブログ

元・無職が働いて思った5つのこと

     f:id:gomantoiru:20180317172721j:plain

お久しぶりです。脱、無職しました、ごまんといる(@33krgm33)です

 

いやー、なんか死亡フラグみたいな感じになってしまい半年も空いてしまったのですが。申し訳ないです。無事に生きております。唐突な生存報告。

 

 

無職卒業しました

何とか半年続きましたね。実はまた戻っていたとかそういうこともなく。半年勤務したのできちんと有休も頂きました。

しかしあっという間。最初の三か月は休むこともなく、大雪以外は出勤できました。まあ小心者なのでバックレるとか無理だったんですけど。(とかいってブログもTwitterもほぼバックレてたのは誰だ)

 

思ったよりかは普通に、問題なく続けられています。製造業で検査の仕事なので社会復帰には向いてるのではないかと思います。マニュアルというか、やることは決められていて、そんなに難しくはないですから。

ただ、油断は禁物です。小さなミスはしてます。疲れと眠気のせいか、回覧された講習の出欠確認で違う人のところに印をつけてしまったり。

 

 

まえがき、もしくは言い訳のようなもの

ヤバイ。なんか書けないというよりか改行の感覚とか、編集の仕方とか忘れてます。

 

さて、何故にこんなにも期間が空いてしまったのか。

と言うのはですね、平日に時間があまりない。

 

通勤に約一時間かかるので、定時で帰っても帰宅するのは18時半近く。夜ご飯の準備と片付けの手伝いをして(母が不機嫌になるので仕方なく)、お風呂に入ったらあっという間に22時近く。慣れるまでは朝5時に起きていたので、22時半には寝たい。ヒーターとパソコンの電源つけるの面倒くさい。

 

、、、寝よう。

と言うわけで、時間の使い方が下手くそなのか余裕がない状態でした。

 

最近は起きる時間も一時間遅らせて、寝るのも23時まで引き伸ばせるようになりました。しかし金曜日には死んだように寝てしまいますが。

 

だったら、休日に書こうと思っていたのですが。

日曜日は、頻繁に兄が甥と姪を連れて訪ねてきます。しかも、私のパソコンを使う。

 
 

ブログ書けないじゃないか!!!!

 
 

という感じでした。

 

ただもうひとつ一番大きな要因がありまして。

 

お給料入ったので、買ってしまったのです。PS4

 

f:id:gomantoiru:20180317151626j:plain

 

 

いやー、面白くて。土曜は苔むした岩みたいにテレビの前から動けない。ゲームとか久しぶりすぎてめっちゃ楽しい。これはまた別の記事にしたいと思います。本題とズレて来たので。

 
とまあ、言い訳ですよ。ここまで全部。
放置してしまい申し訳ありませんでした。やっぱり書きたくなったので戻ってきました。どうぞ今後もよろしくお願いいたします。
 

元無職はかく語りき

 

復帰第一弾は、タイトルの通り思ったことをまとめておこうかなと思います。

これから社会復帰したい人に少しでも情報を残せたら良いかなと、思ったので。

あとは、単純にこれを書いておかないと自分が何となく気持ち良くない。まあ、働き始める前にあれだけ書いて、いろいろとレスポンスも頂けたので。報告もかねて。(その節はありがとうございました)

 
1.思ったよりか他人は自分を気にしていない
 

私の場合は結構な無職期間があったので、人の目が気になって仕方なかったのです。

癖になっていたというか、まあ子供の頃から人の目を気にするタイプだったので仕方がないのですが。

 

自分の一挙一動が不審がられて無いか、細かい部分が気になる。

しかし、人は思ったよりも他人を気にしていないようです。


と、言うか気にしているのかもしれないけれど、目の前でヒソヒソされたりとかはしません。悪口とか陰口も思いの外飛び交っていない。

 

これが物凄く救いです。自分に対するものでなくても苦手なので。


やはりみなさん大人なので大っぴらにはそんな態度を見せないのです。学校と違って、働いてお金を貰うために会社に来ています。

そして、自分のやるべきことがあって手が空く時間も少ない。そのおかげなのか、ちょっとしたお喋りはあっても悪口大会みたいなものは無いみたいです。

 

それから、色々と指導してくださるリーダーがいるのですが物凄く親切に丁寧に教えて下さいます。が、もちろん自分の仕事もあります。常に気に掛けて貰えるわけではありません。

ここからも、意外と人から気にされてないんだなと気付くことが出来ました。

 

監視されてる感じもなく、粗捜しや仕事のペースに関する嫌味も言われたりしません。

様々な媒体で目にする意地悪な上司、のイメージがどうしても強かったのですが恵まれたのか、とても良い上司の下に配属になりました。幸いですね、ホントに。

 
 
2.受け身でいると、取りこぼしが多くなる
 

私は末っ子という事もあり、誰かが何かをしてくれる精神が根付いています(キリッ)

 

誇れることではないですね。

 

しかし、こればかりはなかなか簡単には払拭できない。

しかし、やっぱり自分から動くべきだと思います。上の1でも書きましたが、思ったよりも常に気に掛けられているわけではありません。疑問点が逐一まとめられたノートがあるわけでもないし、後回しにしていると状況が悪化しているかもしれません。

 

気になることがあったら早めに質問する。


後回しにすると、上司たちが話し合っていると、ミスがあったのかもと気になり集中力の低下にも繋がります。

 
 

あとは、自分から笑顔で挨拶する。これは大事。

私は挨拶されたら返す、くらいの感覚でいたのですが、これは良くないかも。

 

挨拶しない人だと思われるとなかなか次から挨拶してもらえません。最低限、自分から挨拶すると穏便かつ円滑に人間関係を育むことが出来るのかなと思います。

 

実際に私も最初は、多分二人くらいから挨拶しない人だと思われて、なかなか挨拶してもらえない状況に陥っていました。第一印象って大切だな、と実感。

その後、とりあえず自分から挨拶するのを徹底して、なんとか部署のみなさんとコミュニケーションをとることに成功しました。

 

今では普通に挨拶したり、談笑もできています。おやつやお土産を交換したりなかなかいい雰囲気です。第一関門突破といったところでしょうか。よかった。

 
 
 
3.丁寧を心掛ければ自然と人望が厚くなる


課長Aさん、責任者Bさん、サブリーダーCさん、と3人くらい指示を下さる方々がいます。責任者であるBさんが休みの時や、不在の時にはCさんが指示を出して下さいます。

 

三者三様なのですが、責任者のBさんは物凄く丁寧で真面目な感じです。雑談の感じも柔和な人。

 

課長のAさんは、立場上仕方ないのかもしれませんがほとんどBさん、Cさんに人任せな感じ。あれやっといて、あれ試そうぜ、と意見は言うけど中々何かをしているところは見えにくい。

一ヶ月経っても私の当番が決まらなかったり、、、。

そのせいか少しチャラけた印象です。というか、少し私の苦手なタイプ。


サブリーダーのCさんは一見ギャルっぽいツンとした感じの方。しかし、仕事に対しては真面目で文句も言わず平行作業も難なくこなすやり手。

話してみるとフラットで一番人との距離感を測るのが上手いタイプだと思います。基本的に優しいですし。上司たちにも気に入られてるのをひしひしと感じます。

 

なにより、私は

 

Cさんのお尻が好きですドヤッ(ただの変態)

 

冗談はさておき、丁寧な人ほど周りからの信頼されている空気感を感じることができます。

 

先ほど挙げた3人の他にも隣の部署の責任者であるDさんから指示をいただくこともありますが、この方は男性ですが物凄く物腰がやわらかく口調も優しく丁寧。少し好きなタイプ(赤面)


今のところ、丁寧な対応をされているBさんCさんDさんと周りの方の関わり方を見ると信頼されている空気を感じます。

 

小さな事でも質問しやすいですし、指導の際もそうです。

理由を分かっていると含みを持たせつつ指摘する。

 

例えば、「物が悪いからペースが落ちるのは仕方ないけれど、1日に終わらせる検査の最低ラインはできるだけ守るようにしてください」のように責任を人だけに全て押し付けない。そんな雰囲気です。これってすごく重要だなと思います。

 

逆に、少しチャラけたAさんは少し悪役っぽい。「1日にこれだけは必ずやってください」としか言わないんですよね。部署内に広がる実際に現場でやってみろよ、的な空気を感じます。

損な役回りですね。もう少し丁寧な対応だったら違うのかもしれないのに。

 

以上の事からも、丁寧な対応を心掛けようと思いました。人望が欲しいと言うよりかは肩身が狭くなりたくないなと。それだけなんですけど。

 
 

後々、Cさんが二十歳そこそこの女の子だと発覚。

二十歳の女の子を捕まえてお尻が好きだなんて、私はなんて下劣なんだと心の中で丁重に謝りました。もちろん本人に公言したことはありませんが。

男の人の気持ちが少し分かった気がしました。そのくらい良いお尻。(もうお尻が素敵だと言わないとは、言っていない)

 
 
 
4.食堂のご飯は多いけど思ったより太らない


食堂があるので利用することもあります。カレー、麺、丼、定食などがありますが、結構量が多い。

初めての時は全く分からなかったので、カレーを頼んでみたのです。

 

が、めっちゃ量がある。まあ、良く考えたら男性が満足する量って考えたらすぐ分かるんですけどね。小盛りも出来るんですよ。私が知らなかっただけで。

 

食堂のご飯は全体的にボリュームが多いです。多分、男女比が片寄ってない限り、どこの職場もそうだと思います。


結構普通に食べてるんですよ。お腹空くので。でも、そこまで動くわけでもないし太るかもなと思っていたのです。

 

しかしですね、定食の場合おかずが野菜多めだったりするせいか、はたまたお腹いっぱいでメインのおかずを残すこともあるせいか、思ったより太らないです。私みたいなデブには死活問題です(制服がきつくなるから)

 

ひとまず安心です。

 
 
5.自分の向き不向きはやってみないとわからない
 

私は細々した作業が、嫌いではないです。が、嫌いではないと言うのがポイントです。

 

好きとは言い切れない。ですし得意とも言い切れません。

ただ、出来ないわけではないので続いていますが、向いてないなとは感じるのです。

 

始める前は向いてると思ったのです。というか、多分作るのは向いてると思います。しかし、検査は向いてないなと思うのです。

 


ちょっと脱線しますが、小学生の頃にみんなの前で発表をする授業がありました。

テーマは好きに選べて、好きなテレビ番組と、好きなスポーツとか、犬と猫どっちが好きかとか。なんでもあり。

 

その時私は、確か「自分の好きな教科」を発表しました。

しかし、私の前に友人が同じように好きな教科を発表してしまった。

しかも、「国語」でドン被り。彼女は「答えが一つじゃないから」と言いました。

 

幼いながらに若手芸人のような心意気だった私は、自分番が回ってくると何食わぬ顔で、心にもないことを言ってのけました。

 

「私の好きな教科は算数です。答えがひとつだからです」

 

名探偵○ナンの「真実はいつも一つ」ばりの発言。

 

今でもはっきりと覚えています。

大学まで文系だったくせによくもまあ言えたものです。

 

しかしですね、この時の「答えがひとつだからです」と言うのが意外と的を射てるのかなと今になって実感している次第です。

答え、○×、これが自分にとっては重要なファクターなのかもしれません。

 


またまた少し脱線しますが私はクロスワードパズルが好きで。

とある映画でクロスワード好きなキャラクターが出てきたのです。

その人は「大きな問いには答えがでないから、小さな問いに答えを出して満足する」的な台詞を口にするのですが、これが結構自分の中で共感できたというか、ああそう言うことなのかもな、と腑に落ちた瞬間だったのです。

(何の映画だったのかは失念。自分でも思い出したい)

 

そんなに何でも答えを求めたり、白黒はっきりさせることが正義だとは思わないですし、曖昧にさせている部分はたくさんあります。

しかし、私にとっては、答えが出ると言うのは重要な要素であることも確か。

仕事に関しては白黒はっきりさせておきたい部分の側に入るのです。

 

例えば、ハンバーグを作っていて生焼けだった場合は失敗です。スポンジケーキを焼いても膨らまなかった場合も失敗。

でも、この失敗という答えがあるだけでも自分にとっては受け入れられるんですよね。

 

ただ、検査の仕事というのは自分のしたことに対する答えが返ってくるのは、なかなか容易ではありません。クレームだって数日から数週間、下手したら月単位はかかるでしょう。きちんとできていた場合でさえ、○でしたという保証は無い。

 

これが実にストレスで。

 

どうなのか、見落としはないのか。今のやり方で合っているのか。常に気がかりで、あまり好きではありません。神経質だと言われるかもしれませんが、こればかりは性質だから仕方がないのですが。一番の悩みでもあります。

 
 
 

最後にまとめ的なもの

結論。まあ、本来なら向いてないでしょう。多分。

少し考えないとなぁという思いと、まあまあ楽にお給料貰えるし続けてみようかなという思いもあります。

 

資格とったり、違う仕事も考えてみたい気持ちもある。ただそれにも資金は必要ですし、そのために貯金したいから続けようかな、と堂々巡り。

 

自分の向き不向き、得意不得意、長所短所を考えるのは物凄く苦手。

特別に得意と言えることもないと思います。他人からみた方が自分の特徴なんて分かりそうな気がするんですけどね。

 

 

だって、わからないじゃないですか。自分が得意だと思ってることも、もっと上には上がいるだろうし、このレベルなら五万といるだろうと思ってしまうのです。

 

そう考えると得意だなんて言えないし、どんどん分らなくなります。自分のアピールポイントって何なんだろうと。

 

私がしいて得意と言えるのは、ピーナッツの投げ食いくらい。

f:id:gomantoiru:20180317153546j:plain

(流石に一度に7個は無理ですが)

 

 

これが嫌で就職活動から逃げた節もありますね。

 
なんで自己紹介とか、自己アピールとかしなくちゃいけないんですかね。
なんならこう言うブログとかの媒体の方が、本来の自分を繰り広げられている気がします。
真面目な場が苦手なんですよ。取り繕った自分で、後々苦労するタイプなので。
 
ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが、そこまで悩んでいるわけではないです。多分。
ただ自分に自信がないだけだと思います。これは変えていこうと思っていることの一つ。
 
先輩が「自信が付いたら一日の目標を増やそうか」と言っていて、あ、自信って付けていくものなんだなと気付きました。自信がないのがデフォルトだったので、これは改善していこうと思っています。
 
働いて、というか外の世界と触れ合って、きちんと社会の役に立つという経験を積んで、お給金を頂いている今思うのは、やはり心は安定するというか幸せな悩みの方がはるかに多いかなということ。
今の状態は、経験なしの無一文な無職期間からは想像もできなかったほど、好転している状態です。
 
私は少しの勇気を出して、働いてみてよかったなと思っています
今はインターネットを使ってビジネスをしたり、所謂会社という組織に属さずに仕事をするということもできる時代ですが、全くの素人でありスキルも知恵も足りない自分には、この一歩目は必要なものだった。そう思っています。
 
 
ヘドロみたいに底の方で沈んでいた頃よりも毎日が楽しいです。休日には何しようとか、来月はあの本を買おうとか。そういうことも考えられる。
 
欲が、帰ってきた。人間として当たり前なのかもしれないですが、自分ではそこまでの強欲ではないと思っているレベルの欲が生まれるようになりました。大金持ちになりたいとか、世界を支配したいとかそんなレベルではないので、普通レベルの欲だと思います。
 
楽しく過ごせる毎日があったらいい。
 
だから、今を楽しみたいです。またブログやSNSを通して充実へ向かって行きたいと思いました。
 
 
というわけで今回はこの辺で。ありがとうございました。