めざせリア充!珍道中。

今は非リアな社会人。リア充への道は険しいけれど、毎日精進。あれこれといった考え、スイーツ、ハロプロ、猫、とにかく雑記ブログ

いつの間にか嫌な人間になっていたよ

最低な気分になった

 こんにちは。ごまんといるです。今日は、私の話です。気付いたので書いて残しておきたいと思いました。

凄くね、自分って嫌な奴だなと思ったんです。頭でっかちで、人に優しくしてるフリをして実は相手のことを思いやったりしてないなって。

自分のルールで判断して、勝手に『ダメだな』ってレッテル貼ったり。子供の頃からそういう大人が一番嫌だと思ってた。

でも、いつの間にかなってしまっていたみたいです。

 

 

気付いたのは車の中

 2017年6月13日火曜日は、北関東は雨が降ったり止んだりでした。それも解っていて、前日の12日に母と車を洗いに行ったんです。

田舎なので一人一台が結構当たり前で。自分の車なんですけど、二人で洗車場に向かいました。

 自分ではあまり運転は得意なほうだとは思いません。しかし、慣れた道なので運転しながらでも会話は出来ました。

 

食肉加工会社のトラックに乗った人が、工場内の帽子をかぶったままだったとか。

前の車に『baby in car』のステッカーが貼ってあるのに、ルームミラーに映る運転手は髭面のおじさんだとか。

他県ナンバーの車が止まってるとか。

最近は介護の関係で遠出は出来ないけど、無くなると初めて気付いた。年に数回のドライブが楽しみだったんだねとか。

 

本当に他愛もない話でした。それでも、何故か自分が助手席に乗っている時よりも会話を始められるのです。これ、すごく不思議。

思い返してみると、母も自分が運転していると結構話しかけてきます。何故なんでしょうね。頭が回転しているから何ですかね。まあ、それは置いといて。

 

結構、シャイなので普段は言えないような恥ずかしいことも言っているなって思いました。それと、比較的余裕のある時に話し始めるんです。

信号待ちとか、少し混雑して進まないとか。

 

 そこで、普段の自分の態度を思い返すと、めちゃくちゃワガママだったなって気付きました。

母の会話に生返事だったり、逆に運転が忙しい時に私から会話をはじめて、それで自分の話を聞いてなくて適当な返事だったのを『なんだよ、使えないな』って思ったり。 眠い、と言ってみたり、自分の時間だから考え事をして当然と思って話を聞き流したり。 

 

これに今の今まで気付かなかったんですよ。免許取って数年なのに。

だって、一人の時間じゃないのに、相手を蔑ろにしてるって。ねえ。

いやー、なんでこんなにも考えない人間になっていたのでしょうね。相手が親だから?めちゃくちゃ嫌な気分でしたよ。気付いたとき。

バカだな。簡単に言うと調子に乗ってた、そう思いました。

 

二十数年の人生まで振り返る

 一個何か考えるきっかけがあると、芋づる式に考え出してしまうわけですが。

自分、もしかしてすっげー嫌な奴だったんじゃね?と不安になってくるわけです。

 

正直、子供の頃はあまり苦手なことはなくて、死に物狂いで何かに必死になったことって無いんですよね。

運動も、勉強も、やれば出来るけど真剣にやらない。

ものすごく真面目で、いつも勉強して成績も学年トップクラスの友人がいたのです。

その子の6割くらいの努力で、80%の結果を出す。自分はそんなタイプだ、と思っていました。

必死にやってできないより、言い訳できる余地を残しておいて、それなりの結果の方が精神衛生上良い。そういう考えが根底にあります。

負けず嫌いというか、勝てない勝負が嫌い。

プライドだけは高い、可愛げのないバカ。

所謂「俺はまだ本気出してないだけ」状態。

 

そのせいで見事に何をとっても中途半端な大人になりました。

 

ふらふらーっとしていて、勝負とかしないわ、関係ない。

そんな人間なので、人に対しては良い面を見せようとする心理も強いんです。良い人に見える策で相手に向き合う。

 

だから、頼んでも「分からない」そういう素振りを見せられたら「やっぱり大丈夫だよ」と笑顔で言えます。でも、内心は「このくらい出来て欲しかったな」と落胆するんです。相手に「出来ないやつ」のレッテルを貼ってしまうんです。そして同時に自分は出来る人間だと思ってしまう。

 

これって、やっぱり嫌な奴だなーと。ナチュラルに上から目線。いつからだろう。

そしてこれって周りにバレてるのかな。確かに親の前では「自分ってわりと何でも出来るよね」って言ってたりしましたが。

外では謙遜することくらいは憶えてたはず。

 

急に怖くなりました。それと同時に、なんだか目が覚めたというか。

本当に出来る人間なら、今後のことを考えて、相手がきちんと対処できるように言語化して相手に伝える。

そして全てが円滑に、迅速に動くように環境を構築する。

そうやって自分のストレスも軽減できるはず。

そう思ったんです。

 

それをしていない、人に嫌われるのが怖くて良い人のフリが好きな自分が

ストレスを溜めるのは自業自得かな。

そう気付けたのは大きな発見でした。

 

これはブログを始めてよかったと思える最初の出来事です。

客観的に見つめながら、考えをきちんと纏められる。これ結構楽しいわー。

 

とか言いながら、またこんな風に考えられる自分って出来る人間だわとレッテルを貼ってしまうんだろうな。

中途半端にバカだから。

よし、可愛げのあるバカになろう

驕らずに、生きていこう。これを戒めとしよう。

 

それではまた。ありがとうございました。