めざせリア充!珍道中。

今は非リアな社会人。リア充への道は険しいけれど、毎日精進。あれこれといった考え、スイーツ、ハロプロ、猫、とにかく雑記ブログ

孤独に蝕まれる人の話

 f:id:gomantoiru:20170712235450j:plain

 

なんだか世間では火曜サスペンス劇場も、昼ドラも真っ青の愛憎劇が騒がしいですね。

どうも。ごまんといるです。

大丈夫なんでしょうか。夫婦で芸能人なのに。棒、最近聞かなかったけどまだ売ってるのかな?

 

無人島に持って行くものはなに?

 さて、今回はちょっとだけ人間の心に関係するお話です。

無人島に一つだけ持っていくなら何を選びますか?本?お酒?ゲーム?マッチ?ナイフ?ワイフ?

なかなかね、銃刀法に引っ掛かるのでナイフを持ち歩くわけにはいきません。しかしナイフがあると結構便利ですよね。なるべくなら持っておきたい。(無人島に行くときはですよ)

 

私も前は、好きな本か音楽プレイヤーかなーと思ってたんです。その次がナイフ。 と言うのも、そこまでサバイバルをするつもりがなかったのです。端から諦めてる。

何日間か楽しく過ごせれば良いかなと。アイドルやロック、洋楽、クラシック、ジャズ、ゲーム音楽、ゴスペル、とにかく好きな曲をはち切れんばかりに詰め込んで、あとは何回も読みたい小説(世界観に浸れる恩田陸作品とか)を持って行きたい。とにかく島を満喫したらそのあとはダラダラとしていたい。

どうせすぐにでもポックリ逝ってしまうだろうなと思って。 でもですね、やっぱり最後はちゃんとした状態で旅立ちたいなと考え直しました。

 

錯乱して死ぬとか嫌。

続きを読む

肌の弱い私が実験中の入浴法

f:id:gomantoiru:20170710233513j:plain

 

 

どうも。ごまんといるです。

2017年7月10日でちょうど30日経過したので書いておこうと思います。

 

皮膚が薄い、そして弱い

私は生まれつき肌が弱いです。

最初はただ弱いんだなと思っていたのですが、子供の頃から怪我が多く、通っていた接骨院の先生に「皮膚が薄いから、血管を切らないように気をつけな」と言われて

ヤバっ!?私の皮膚薄すぎーっ!!と初めて気付きました。

確かにお風呂上りとかメロンのように血管が張り巡らされてるのが見て取れます。

仲の良い友人にまで「きもちわる(笑」と言われる始末。

 

その後、メイクをするようになりカウンターでいろいろと

アドバイザーさんに見てもらうようになっても、同じように「皮膚が薄いですね」と言われました。

 

そんな私ですが、どのくらい肌が弱いかと言いますと

  • 洗濯洗剤や柔軟剤でも痒くなるし、食器用洗剤でも荒れるので手袋は必須
  • 日光も苦手で、日焼け止めを忘れると15分で小さな水ぶくれが出る
  • 敏感肌用の化粧水が沁みていた(今は改善されつつあります)
  • Tゾーンはテカり、頬はかさつく
  • 普通のファンデーションや日焼け止めだと朝塗って、夜にはニキビができる
  • 夏なのに身体がかさつく&扇風機の風がチクチクする

 

こんな感じでした。しかし、冒頭にも書いた通り今は入浴法を変えて30日経ちました。

その結果ですね、

 

自分でも驚くくらい、改善してきています

モチモチ!思わず触りたくなる肌!

「こんな触ってたんだ」(ダヴのCM感)

 

まあ触る人なんていませんけど。

 

というわけで、紹介してみたいと思います。経過観察的な感じですね。今後も発信していこうと思います。

続きを読む

家族に対してなんだかんだ根に持ってる

f:id:gomantoiru:20170708232637j:plain

 

みなさんどうも、ごまんといるです。

 昨日は七夕でしたね。皆さんはなにか七夕らしいことはしましたか? 短冊を飾るとか、星を見るとか。

私は一応空をちらっと見てみたのですが天の川らしきものは全く見られず。空がなんだかモヤモヤしてるなーと思いながら歩いていたのですが、家についてから気付きました。

眼鏡してない。 そりゃあんた、たとえ出てたとしても見えないよ。視力両目合わせても0.5あるかないかなんだから。すれ違うまで毎年会う親戚に気付かない事もあるくらいなのに。

 

さて、何でしたっけ。そう、七夕でしたね。

七夕というか、それらのイベント事あるじゃないですか。お月見とか、お盆とか、まあクリスマスは一大イベントみたいなところがあるので今回はちょっと端の方に避けておきましょうかな。

我が家ではそういったイベント事を一切やってこなかったんですよね。

これって、わりと普通なのかな?

 

私的には結構寂しくて

 

家族で七夕飾りを作るとか、団子を作ってお月見をするとか、お盆に茄子ときゅうりで牛と馬を作るとか。まあこれは宗教的な事だから少し意味合いが違ってきますけれども。とにかく、そういう経験が一切無いのです。

プレゼントはもらえたけどクリスマスツリーも飾らないし、端午の節句とか桃の節句もちょっとしたお寿司を食べたりするくらい。 きちんとしたイベントとしての楽しみ、みたいなものを経験してないのです。

もちろん、両親は共働きで忙しかったのはわかるんです。だから、当時もワガママ言える雰囲気ではなかったですし、自然と押さえ込んでいたのかもしれません。

 

ただ、最近になってやっぱりそういう家族でイベント事を楽しむ経験をしてみたかったなと思うんですよね。

 

人様の暮らしぶりが身近になった今。昔だったらうちはうち、よそはよそ、と言う言葉通りによそ様のお宅と自分の暮らしは区別されてきました。

しかし今はTwitterなり、Facebookなり、Instagramなり、とにかく、世間の在り方が簡単に可視化される。 そうすると嫌でも目に入るんですよね。

これが幸せの形よこれが大多数に正解とされるライフスタイルだよ、と言われているみたいな気持ちになるんです。

 

ああ、私の家庭は少し味気ない家庭だったんだなと思ってしまうんですよね。地味に胸の辺りがチリチリするような、ほんの耳掻き一杯分くらいのものすごい苦いお茶を飲まされてるみたいな感覚を覚えるんです。

 

根に持ってる、ってことなんですかね。この歳になっても。だからなのか、もし万が一私が家庭を築くようになったら、キチンとしてみたいなと思うんです。自分が経験出来なかったから、ってだけなんですけど。

でも、そう考えると意外とみんなそんなものなのかもしれないなとも思うんです。

両親は多分経験があるから、私たちに特別イベント事を経験させてあげようと思わなかった。逆に祖父母は経験がないから子ども(私の両親)にはさせてあげようと思った。祖父母は戦争前後の貧しい時代を経験してる人たちだから。

代々そうやって少しずつ良い方向に転化していくんじゃないかな。そうやって進歩していく。 だから、大丈夫。きっと地球はそうやって回っていきます。

 

とか、壮大なこと言ってしまいましたが。小っ恥ずかしい。

 

 

七夕は過ぎてしまいましたが、私の願いはなるべくなら家庭を持つ皆さんにはイベント事を少しで良いから家族で団欒してほしい。それだけです。

子どもは意外と寂しい思いするものですからね。

 

と言うわけで少しセンチメンタルな感じになってしまいましたが、今回はこのへんで。ありがとうございました。

 

 

藤井聡太×桐山零=正しいブームの作り方

 

f:id:gomantoiru:20170707233933j:plain

 どうも。ごまんといるです。

今回は最近話題の最年少プロ棋士藤井聡太四段に絡めたお話です。

 

はて、桐山零とはいかに

タイトルにもしました通り、桐山零とは。

今年の初頭に実写映画や、テレビアニメにもなった漫画3月のライオンの主人公、藤井四段と同じく中学生でプロ棋士になった男の子です。

実写映画では神木隆之介くんが演じました。

私はアニメで初めてこの作品に触れたのですが、藤井四段との共通点を持つキャラクターだなと思っています。

 

  1. 中学生でプロ棋士になったということ
  2. 奇しくも、中学生でのプロ入りが史上五人目であるということ
  3. 同世代ではとび抜けて強い

こんな感じでしょうか。幼いころから将棋をはじめ、プロになった。まさしく藤井四段と同じです。

 

しかし、最初は将棋しか自分にはないからと続けていました。将棋だけが自分のアイデンティティーであり、自分の居場所だから、という理由です。

 

勝ちに貪欲、という点では一致するのでしょうが、将棋=悪魔との契約と考えている辺りが藤井四段とは違うところでしょうか。 

藤井四段は純粋に勝ちを求めて、頂点を目指して、誠実に、そんな思いで将棋をしていると少なくとも、私にはそう思えます。

 

何故この二人が今この時に

 初めて藤井聡太の名前がメディアに踊り出たとき、私は思いました。

『すごくいいタイミングで出てきたな』と。

 

そうなんです。ものすごくタイミングがいい。

 

アニメ好きの間では3月のライオンが浸透して、映画好きには実写映画として名が広く知れ渡った。その下地が出来上がった頃に、一躍トップに躍り出てきた。

知っている人間の中では盛り上がっているところに、二次元のキャラと似たような才能を持った人が現れる。

まさに、ナイスタイミング‼そう思ったのです。

 

続きを読む

怪獣ネタバレーVSうんちくマン

 

f:id:gomantoiru:20170706235008j:plain

みなさんこんにちは、ごまんといるです。

さて、先日こんな記事を見て、すかさずブックマークしました。

 

www.yumekichi-blog.com

 

 

ネタバレ、なるべくなら避けたい問題です。私も何も知らないフラットな状態で

映画やアニメ、小説を楽しみたいタイプなので実に共感できました。

記事の中で映画館の中でのネタバレに言及されておりましたが、そこまで気が回っていなかったなと改めて実感。気を付けようと自戒しました。

 

しかしですね。私の兄が!実の兄が!憎きネタバレさんなのです。

 

今回はこのネタバレさんに対して、こちらもなかなかに嫌われているうんちくさん、どちらが害悪か考えてみたいと思います。

 

 

さて、私の体験はこうです。

ハイキュー‼烏野高校VS白鳥沢学園高校の放映前、我が家では兄2のみが原作を読んでいたのです。(兄が複数いるので2と表現します)

 

※ネタバレを含みます

 

続きを読む

デレステPがミリシタに触れてみた感想

 

f:id:gomantoiru:20170705222318j:plain

こんにちは。ごまんといるです。

私のミーハー力は500くらいなのですが(高い?低い?)

スマホアプリのアイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ、通称デレステをプレイしています。

SMAPの中居くんが起用されているCMでもおなじみのデレステです。

1年くらい、インしたりしなかったり、まったりプレイなのですがそれなりに楽しんでいます。

 

さて、アイマス界隈ではいわゆる推しメンと言うものは担当アイドルと言ったり、プレイヤーはプロデューサーの設定なので○○Pと名乗ったりするようです(例:蘭子P、拓海Pなど)。

その法則に当てはめると、私は所謂担当と言うものを持ちません。わりと好きなアイドルはいるのですが、絶対にこの子だ‼と言うほど使命感を感じるまでにはいかず。

にわかデレステプレイヤーなわけです。

続きを読む

梅雨時に思い出す、中一で急がば回れを痛感した話

f:id:gomantoiru:20170704185643j:plain

どうも、みなさんこんにちは。ごまんといるです。

空梅雨でなかなかどうして、梅雨らしくない日々が続いていましたね。

私の住む北関東もようやく1日にわたる雨が降りました。

梅雨の痛い思い出

さて、雨が降るこの時期になると決まって思い出すことがあります。

あれは中学1年の時の事。今日はそんなお話です。

 

みなさんは急がば回れという言葉をどんな風に感じているでしょう。 私にとっては身を摘まされる言葉になっています。

というのも、私の通っていた中学には体育館が2つありました。少し離れた位置にあるその二つなのできちんと生徒の割り振りが決まっています。

そして体育委員は毎回どちらの体育館か、またはグラウンドかを使うのか教師に聞きに行く、そんな役割も担っていました。これが実に面倒。

しかも、中1のとき私は運悪く意地の良くない体育教師が担任だったのです。嫌みっぽいと言うか、中年のおばさん特有のねちっこさと言うのか。学年でもあまり好かれていないおばさん先生でした。

続きを読む