めざせリア充!珍道中。

今は非リアな社会人。リア充への道は険しいけれど、毎日精進。あれこれといった考え、スイーツ、ハロプロ、猫、とにかく雑記ブログ

少女漫画初心者がorangeを読んだ感想

f:id:gomantoiru:20170821232506j:plain

 

どうも。ごまんといるです。 最近は漫画にハマっている次第です。

今回はタイトルの通り、少女漫画orangeです。

 

 

高校2年、手紙が届く。差出人は10年後の未来の自分だった。そこには転校生であり、友人になる翔とのやり取りが事細かに書いてあり、どうか助けてあげてほしいと託されていた。いつも一緒にいる女子3人、男子3人。菜穂、貴ちゃん、アズ。須和、萩田くん、そして翔。青春の日々が始まる。翔の未来はどうなるのか。

 

と言ったようなあらすじですかね。アニメ化や実写映画化もされた作品ですが、そこまで興味がなかったのでスルーしていました。

あまり恋愛ものに食指が動かなくて。しかし、映像化されるほどの人気作です。漫画アプリで全巻公開されていたのでなんとなく読んでみることにしました。

少女漫画も、少年漫画もほとんど触れてこなかったので物凄く新鮮でした。 読んだ漫画と言えばドラえもんスラムダンクフルーツバスケットくらい。

 

ただ兄弟に貸されたからなんですけどね。

 

 

 

ここからネタバレがあります。嫌だ、と言う方はブラウザバックを推奨します。何卒よろしくお願いします。

 

 

続きを読む

キャー!!と言ってみたいだけの人生だった

f:id:gomantoiru:20170810225256p:plain

どうも、ごまんといるです。

さて、皆さんはキャー!!と言ったことはありますか?

言われたことではありません。言われたことはきっと無いと思います

私はありますが。

 

……ごめんなさい。ちょっと調子に乗りました。反省はしていません。今からしようと思います。

 

一回だけ文化祭でバンドをやったことがありまして、それなりに人気だったんですよ。後輩とか、女友達とか。その時にキャー!!と言われたことがあります。

 

友人の賑やかしで

 

それはもう憎たらしいほどの悪戯っ子な笑顔で。誰も反応しなかったときのためのサクラです。仕込みです。それでもなかなかの快感でした。

結局それに釣られるかたちで後輩たちが黄色い歓声を上げてくれました。

それも良い思い出です。

 

 

ではなくて。なに悠長に昔を語っているのか。 キャー!!についての話です。

 

続きを読む

約2週間ブログを休んだ感想

f:id:gomantoiru:20170708232637j:plain

どうも、お久しぶりです。ごまんといるです。

いやー、ホントに久しぶりすぎてなんの記事から書こうか、うだうだ迷っていたのですが。迷えば迷うほどまた延びていってしまう。結局2週間近く経ってしまいました。

超弱小ブログのくせに生意気だ!ですよね。そんな誰も気にしてないだろうに、自意識だけはいっちょまえ。

 

というわけでですね。この今の気持ちを書けば良いじゃないかと思ったわけです。

もともと政治や経済、お役立ち情報、などなどそんなお堅い記事なんて書いてないのですから。 なのでまずは日記感覚から再開したいと思います。

 

続きを読む

自動車と認知症の話

f:id:gomantoiru:20170725005915j:plain

どうも。ごまんといるです。 さて、ブログを始めた当初書こうと思ってネタを温存したものがあったのですが、今回はそこに絡めたお話。迷っているうちに、若干旬を過ぎてしまった気もしなくは無いのですが。書いたので出してしまいましょう。

 

  • 自動車と認知症の話
    • 公共交通機関が貧弱
    • 映画 アナザープラネット
    • 自動運転技術が一般的になっても
    • 認知症の祖母
    • 高齢社会を誰が支えるのか
    • 最後に

 

自動車と認知症の話

 

 

先日、Twitterでタイムラインにこんな記事が。

 

news.yahoo.co.jp

 

自動車に関しては、書こうと思っていたのです。そこに、認知症の要素がプラスされたこのトピック。これは色々と実体験含め、思うことがあったのでちょっと書いておこうかなと思いました。と言うわけで私の考えです。

 

結論から言うと、私はこの医師たちの『認知症=即免許の剥奪乱暴』という意見には賛同できない。認知症という名がついている、認知能力の低下が症状になっている病気の患者は、早めに、そうで無くっても高齢者に関しては一定の年齢で免許の返納はするべきだと思います。

まあ、高齢者でなくても本当は数年ごとの技能検査を義務付けるべきだと思いますが。

 

続きを読む

くつ下の話

どうも。ごまんといるです。

 

最近は好きで読んでいるブロガーさんに読者登録していただけたり、Twitterでフォローして頂いたり。ありがたい限りです。なんだか嬉しいなと思うと同時に人見知りで上手く交流できないのが心苦しい、なんて思ったり。自分から積極的にならなければ今までと変われない、わかっているのですが難しい。

 

この場をお借りして、本当にうれしいです。ありがとうございます。

今回は少し趣向を変えまして、せっかくはてなブログを使用しているのでやってみようかなと思います。

 

  • お題ブログに挑戦
    • アイラブくつ下
      • 何故靴下が好きなのか
    • 靴下を脱ぐ変な癖
    • 左右で違う靴下を履く
    • まとめ

 

お題ブログに挑戦

 

お題「くつ下」

 

というわけで、スロットを回してみたのです。

一回目「好きな作家」

二回目「コンビニ」

三回目「おばあちゃんの思い出」

四回目「くつ下」

(↑これメモじゃなく、記憶だけを頼りに書きました。自分でも記憶力にびっくり)

 

 

くつ下か。面白いかもしれない。

続きを読む

気付いた人がやるということのリスク

f:id:gomantoiru:20170719182908j:plain

どうも。ごまんといるです。

あまり調子が良くない+書くことが分からなくなったので少し雑談を。

 

気付くゲームのなれの果て

 

「気付いた人がやる。」

 

結構口にしがちです。というか、気付くことが美学のような感じ。これは私が小学生の頃に植えこまれた意識だと思います。

その日の最後に、帰りの会で学友の良かった点を発表する。もしくは、貼る紙が用意してあり、善い行いに対して書いて貼る、というものでした。

 

例:『今日、ゆうたくんが花に水をあげていました。いいと思いました』

  『掃除のときに、えみちゃんが机をどかしてくれました。今度はわたしもやろうと思いました』

 

 

つまり、自分の生活に注視されるように、他人の生活に注目するようになる。

人よりも多くその紙が集められる=いい子の称号を得る。

ゲーム感覚で、物事に対して善い行いをするようになる。それが目的だったのでしょう。

 

これはもちろん、素晴らしいことだと思います。

この他にも、5分前行動とか。早め早めの行動が身に着く。

 

しかし、良い子であることを求められすぎてしまったのかな、とも思うのです。

人の良いところを見つける、自分がこれだけ人を見ているのだから他人も自分に対してそれだけ注目しているのかもしれない。

 

自意識過剰の種がここで植えられた気がする。

 

人の目を気にするようになってしまったのです。

常に自分の感情を押し殺しているような感覚。

 

風呂の水垢がある。でもそれを掃除するのはいつも自分。

「気付いたときにやるんだよ」と言われても、自分が放置して綺麗になることはない。

つまり、気付ける人と気付けない人がいれば気付けない人だけが得をする。

 

気付ける人は損をして、汚い水垢に精神まで削られる。

 

 

これってなんか嫌な感じ。

 

 

結局、自分を押し殺して水垢掃除をするしかないのです。

気付ける人に育ってしまったから。

 

 

 

やっぱり当番制、導入しようかな。

 

今回はこの辺で。ありがとうございました。

 

もういっそのこと上空で対策したらどうだろう

f:id:gomantoiru:20170717171553j:plain

どうも。ごまんといるです。

さて、昨夜は雨が降り寒かったのか、寝違えたのか。首が痛いわけですが。最近は夕立が多いです。梅雨らしいというか、ゲリラ雷雨なんですけどね、バシャバシャ降る。雷もどっかんどっかん鳴ります。

雷は特に怖くはないんですけど、風の音が苦手です。木の葉が揺れたり、ヒューヒューいったり。個人的にはこっちの方が精神衛生上良くない。

 

突然ですが、私は文系出身の人間です。理系に弱く、というか全体的に学のない人間なので突拍子もない空想がやたらと働きます。

科学的な理論が破綻しているとは思うのですが、思い付きだけはいっちょ前。

というわけで、今回は雨のお話し。

続きを読む